2005年04月09日

舞妓体験〜哲学の道

image/snail-2005-04-09T16:36:00-1.jpgたま奴を出てからそそくさと移動。
実は今回の旅でひとつだけ予約していたのが舞妓体験。
この年で舞妓コスってどうよって話だけど、これから先体験するより今だろうってことで。
実は私は前に京都に来たときもやったんだよね。
かなり面白い体験だったので友達に話したら友達もノリノリで今回も行うことに。
バスがありえない渋滞で予約時間からかなり遅れてしまったのが申し訳なかった〜(> <)

前回のお店はお化粧から着物から全部本格的だったんだけど、今回のお店はかなり簡易版。
でもこんな観光シーズンには短い時間でお気軽に体験できていいのかも。
お部屋も新しくて広いし、1回にする人数が少ないのでゆったりできる。
お化粧も鬢付け油とか使わないからすぐ落とせるし、大体あんまり白くしないのでそんなに違和感もなく。<って普段と比べると十分白いが
帯が作りつけなので簡単!
あっというまに着付けが終了。

…舞妓というより大奥って感じ。
着物の色と体型のせいか、まるで春日局。
友達がお付きの人に見えるし。
我ながら貫禄ありすぎ…(^^;

1時間の散策付だったけど、ものすごい人通りの中出て行く勇気はなく、お店の玄関先で写真をとったり、裏通りに入ってみたり。
ほとんど人通りがないところなのにたまたま通りかかった人に写真を頼まれたり。
なんちゃって舞妓でもいいのかしら…(^^;
30分くらいで頭が痛くなり(鬘のせい)、そうそうに退散。
またやることがあったら<まだやる気か
次はシーズンオフで、痩せてから来ようっと…

その後は哲学の道を散策することにしたけど、ここもありえない人手!!
ここはタダだからねぇ。
桜がもうホントに満開で、怖くなるほどだった。
夜人気がない時間に見たら怖いだろうなぁ。
じっくりゆっくり歩いて堪能。<って人が多くて早くは歩けないんだけど
この時点で相当足が痛かったんだけど、まだまだこんなもんじゃなかったよ。
以下次号。
image/snail-2005-04-14T14:50:14-1.jpgimage/snail-2005-04-09T15:40:54-1.jpgimage/snail-2005-04-09T15:54:42-1.jpg
舞妓写真は友達。
許可もらってないけどいいかしら…
まあ後姿だし、前向いても白塗りで誰かわかんないから大丈夫でしょう!
posted by snail at 14:48| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 哲学の道哲学の道(てつがくのみち)は京都市左京区の道路である。南禅寺付近から慈照寺(銀閣寺)まで、琵琶湖疎水の両岸に植えられたサクラ|桜はみごとで、春や紅葉の秋は多くの観光客でにぎわう。哲学者・西田幾..
Weblog: 京都探索どっとこむ
Tracked: 2007-07-29 11:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。