2004年03月16日

砂の器 サウンドトラック

初アマゾンリンク。
suna

テレビドラマを見ていて、ドラマのサントラがほしいと思ったのは2度目。
1度目はDr.コトー診療所だったけど、これは音楽が聞きたいというよりコトーグッズ集めたい!という感じだったので、それほど曲に思い入れがあったわけじゃない(半年聞き続けたけどさ)。

純粋にこのサントラが聞きたい!と思って買ったのは初めて。
ドラマの中の音楽が聞きたいというより、「宿命」をフルオケで聞きたかった。
ドラマの中で和賀英良が自分のすべてをかけて作る曲。
それを千住明さんがどう表現するのか。

昔「砂の器」を映画化したときに作られた「宿命」という曲も絶賛されていたらしいから(映画みてないけど)、すごいプレッシャーの中で新しい「宿命」を作ったんじゃないのかな。

「千住明さんが作った音楽」というのを意識して初めて聞いたけど、この人はすごいと思う。
色々語れるほど詳しくないけど、詳しくない人間が聞いても心に残る曲を作れるというのはすごいことだと思う。

ドラマの中で繰り返し弾かれたピアノのフレーズが、フルオーケストラの演奏で再現される贅沢。
かなり大げさだけど、聞けてよかった、生きててよかったってかんじ。

最後のドリカムの「やさしいキスをして Piano inst Ver.」もよかった。
でもこっちは吉田美和の声が入ってこその曲かなぁとも思ったけど。

ドラマが終わったあとでもずっと聞き続けられるCDだと思う。
ドラマの最終回でも演奏会のシーンをやるらしいので楽しみ。
posted by snail at 11:52| Comment(0) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71704
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

Piedmont Park 千住明
Excerpt: 千住明の音楽について
Weblog: 思い出の音楽、心に残った音楽
Tracked: 2004-09-26 17:32

千住明
Excerpt: 千住明千住 明(せんじゅ あきら、1960年10月21日-)は東京都出身の作曲家・編曲家・音楽プロデューサー。慶應義塾大学工学部を経て東京芸術大学作曲科卒業。同大学..
Weblog: さらの記録
Tracked: 2007-10-19 06:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。